【TF】ギャラクシーフォース「GX-01 ノイズメイズ」レビュー




トランスフォーマーTF玩具レビュー

トランスフォーマー ギャラクシーフォース』より、「スパイ ノイズメイズ」のレビューです。

 

本体・オプション

ロボットモード 前面

ロボットモードはある意味でTFらしからぬというか、

人が乗るタイプのロボットアニメの機体っぽくも見えるデザイン。

カラーリングも含めて非常にスタイリッシュで個人的にかなり好み。

 

ロボットモード 背面

背中はスッキリしており、脚部には踵パーツもしっかりあって接地も安定。

 

頭部アップ

顔のデザインもTF全体で見ても珍しいタイプで、独特な魅力が。

 

顔には集光ギミックがあり、後ろから光を当てると中央のオレンジ色のクリアパーツが光ります。

(たいていのTFトイの集光ギミックは目が光るので、こいつはこの部分全体が目ってこと…?)

 

ビークルモード 前面

ビークルモードはオリジナルのSFチックなデザインで、

パッケージでは「スペースファイター」と表記されてます。

全体的にコンパクトでまとまりが良いです。

 

ビークルモード 背面

機体後部中央にはフォースチップ(後述)の差し込み口あり。

 

上から

上から全体を見るとこんな感じ。

色分けが綺麗で一部にメッキも使われており、全体的に豪華な印象。

 

飛行メカ型のビークルですが底面に3箇所車輪があり、コロ走行遊びもできます。

 

 

付属品・ギミック

フォースチップ

ギャラクシーフォース』シリーズ特有のオプションであるフォースチップが付属。

種類は「プラネットX」で、デストロンのエンブレムが刻まれています。

 

ロボットモード時の左腕のパーツにはサイバトロンエンブレムが付いてますが・・・

 

フォースチップをイグニッション!!(差し込み)することで

エンブレムがデストロンに替わり、ブラインドアローが展開します。

 

アニメで両陣営を惑わせた「スパイ」という立場を体現したギミック!

 

イグニッションはもちろんビークルモードでも可能。

先に画像のように期待中央部のパーツを持ち上げておき

 

フォースチップを差し込むことで先ほどと同じようにブラインドアローが展開します。

 

さらにもう一つのギミックとして、両脚に付いているウィングパーツを取り外し・・・

 

このように持たせることで「ウィングハルバード」という武器に。

 

カード 表面

おまけとしてキャラクターカードも付属。

 

カード 裏面

テックスペックは全てが謎に包まれており、神秘的な雰囲気を醸し出してますね…。

(アニメでのキャラクターはそんな感じでもなかったけどw)

 

 

アクションなど

ノイズメイズ、トランスフォーム!

 

 

変形はTFトイに慣れた人なら簡単だけど、慣れない人はちょっぴり戸惑うかな?というくらい。

各部のパーツの固定位置がしっかりしてるので、きちんと手順を踏めば問題なく変形させられます。

 

パーツの移動の構成がG2スモークスクリーン」と似た箇所があり、

部分的にそれのブラッシュアップ版のような印象も。

確かデザイナーも同じ方だと聞いたことがあるような。(江島さんだったかな?)

 

可動は腰回転が無く、首も左右回転のみと今の目で見るとやや物足りなさも感じますが、

その一方で拳回転はあったり膝が深く曲がったりと良い部分も。

 

あと脚の付け根がボールジョイントになっていてここは緩くなりやすい箇所なので、

場合によっては(自己責任で)調整するのもアリ。

 

ウィングハルバードで攻撃!

 

ウィングパーツはそれぞれの手に持たせることももちろん可能。

 

フォースチップ、イグニッション!!

 

ビークルモードでもブラインドアローで攻撃!

 

ちょっとお遊びで、ビークルとロボットの中間モードみたいなのを作ってみたり。

デフォルメ系ロボのイメージ。

 

最後はウィングハルバードとブラインドアローを同時に展開して締め。

 

 

総評

デザイン良し、変形良し、ギミックも豊富となかなかの傑作。

個人的にはやはり中二心をくすぐる見た目のカッコよさがたまりません(笑)。

 

ギャラクシーフォース』での設定に則って遊ぶのはもちろんのこと、

割と特殊なデザインなので俺設定や俺ユニバースでの悪役キャラ等としても扱いやすく、

色んな意味で遊びがいがあってとても気に入ってます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました