【S.H.Figuarts(真骨彫製法)】「仮面ライダースカル」レビュー




玩具/フィギュアレビュー(TF以外)

仮面ライダーW』シリーズより、真骨彫製法で新生した「仮面ライダースカル」のレビューです。

 

本体・オプション

本体前面

ひとまずオプション類を付けない状態で全身をば。

真骨彫製法「」と共通のパーツも多く、各部の造形からプロポーションに至るまで

旧フィギュアーツ版から格段に進化しています。

 

本体背面

首の後ろのマフラーに穴が開いている部分は、後述のマフラーパーツを取り付けるようになってます。

 

頭部アップ

頭部の出来もほぼ完璧。

その名の通り骸骨がモチーフのデザインが高いクオリティで再現されてます。

 

交換用頭部

通常の頭部とは別に『MOVIE大戦CORE』のスカルのエピソードで登場したスカルクリスタルの交換用頭部も付属。

前後に分割して取り付ける方式になっているのですが、自分が所持している物はジョイント部に成型不良があってどうやってもしっかりと取り付けられなかったため、今回のレビューでは使用しません。

 

基本的なオプション(帽子マフラースカルメモリ)を取り付けた状態で改めて全身。

やはりこの状態がしっくりきますね。

 

 

スカルメモリ。長辺でも1cmもない極小サイズながらかなりのクオリティ。

しかし小さい分、紛失には本当に要注意です。(というか撮影中に1回失くしました…)

 

ベルト部アップ

ロストドライバー部分もサイズの割に造形・彩色ともに精密。

スロット部は左右に可動します。

 

スカルメモリを挿して右に展開した状態。

ちなみに右腰に付いているスロットにもメモリの装填が可能。

 

帽子は通常のもの(左)と、タブー・ドーパントに傷をつけられたもの(右)の2種が付属。

色移り防止用に頭部との間に挟む透明のブリスターが付いていますが、使ったら使ったでしっかりと固定することが出来なかったり。

そのため今回のレビューではブリスターは使用していませんが、長期間飾る時などは付けた方がよさそう。

 

マフラーはデフォルトのもの(左)と、少し広がったもの(右)の2種が付属。基部に可動軸あり。

かなりリアルな造形になっており、旧フィギュアーツ版のものとはまるで別物。

 

交換用手首

交換用手首は左右それぞれ5種ずつ付属。

 

手持ち武器としてスカルマグナムが付属。

 

スカルマグナムはこのように可動させることができ、

 

中にスカルメモリを装填することができます。

 

さらなるオマケという感じでアタッシュケースダブルドライバーも付属。

このダブルドライバーはベルトには付けられず、可動もしません。

 

アタッシュケースは開閉することができ、中にはダブルドライバーとスカルメモリ、そしてほかの真骨彫製法『仮面ライダーW』シリーズに付属するガイアメモリも収納することができます。

 

 

アクションなど

さあ、お前の罪を・・・

 

数えろ!

 

 

可動は基本的な真骨彫製法シリーズと変わらず、特に干渉するようなパーツも無いため全身よく動きます。

 

軽くジャンプからの・・・

 

シンバルキック!…を彷彿とさせる回し蹴り!

 

 

ライダーキック!!

MOVIE大戦CORE』で披露した光球を蹴るやつはエフェクトが無いと締まらないので、いくつかの媒体で見られるオーソドックススタイル(ちょいアレンジ)で。

 

こんなにハードボイルドを体現しているライダーは他にはいない…。

 

最後は劇中では並ぶことのない、『』の4大ライダー集合で締め。

 

 

総評

なんだか最近久しぶりにライダー熱が高まっていることもあり、旧ブログでレビューしそびれていたスカルを改めて引っ張り出してみました。

今や数多く存在するライダーの中にあってもスカルはやはり独特な魅力があり、それをしっかり表現できるこの真骨彫製法版はさすがのクオリティであると再認識。

 

W』のライダーは皆人気があって真骨彫製法の出来もどれも素晴らしいので、願わくばどのライダーも定期的に再販して手に入りやすくなってほしいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました