【TF】EARTHRISE「WFC-E31 PROWL(プロール)」レビュー




トランスフォーマーTF玩具レビュー

アースライズ(ER)海外版の「アイアンハイド」と「プロール」の2体セットより、

プロール単体のレビューです。

 

アイアンハイド」のレビューはこちら↓

 

本体・オプション

ロボットモード 前面

変形機構などは『シージ』版のプロールが元にはなっているものの、

ほぼ全身が新規造形になっており、プロポーションも向上。

マスターピース以外では過去最高にアニメのプロールに近い雰囲気になってます。

 

ロボットモード 背面

膝から下の大部分が空洞になってるのは人によっては気になるかも?

 

頭部アップ

プロールの顔として決して悪くはないのですが、耳にあたるパーツが無いので少し違和感あり。

(既に同型の発売が決まっている)ブルーストリーク」の方に寄せられてる感じですね。

 

またこれは完全に個体差だと思いますが、自分が購入した物は塗装剝げや塗料が散っている部分があり

ちょっとハズレを引いてしまった感じでした。

 

ビークルモード 前面

ビークルは『アースライズ』ということで地球製のパトカーに。これはかなりイイ!

ただシージ版ではクリアパーツだったパトランプが塗装されて不透明になったのがちと残念。

 

ビークルモード 背面

背面のウインドウ部分に横線のモールドが入ってるが地味に高ポイント。

 

ビークルモード 側面

欲を言えばホイールが塗装されているとなお良かったですね。

 

武器は型のものが一つ付属。形状がG1版玩具のものと似ています。

 

ビークルモードでの武器取り付け例。(こんなパトカーはいない)

 

またロボットモードでは背中に付けておくこともできます。

 

ここでシージ版(左)と比較。

一見似ているようでよく見ると全く別造形になっているのがわかるかと。

やはり大腿部が大きくなるなどしてプロポーションが改善されたのは大きいですね。

 

ビークルモードでも。

サイバトロン星での姿であるシージ版もシャープで好きですが、

地球のビークルはほっとするというか安心感のようなものがあります。

 

 

アクションなど

プロール、トランスフォーム!

 

大まかな変形パターンはG1玩具版が踏襲されており比較的シンプルな部類。

ただロボット→ビークル時の脚の収納が少々タイトな感じです。

 

可動はかなり優秀で、基本的な箇所に加え手首回転腰回転もあり。

ただ一点、肩関節から腕を外側に開く時に胴体と肩の接続部分が抜けやすく、

そこだけ少し気になりました。

 

股関節も膝も大きく動くので立て膝なんかも余裕。

 

武器が少ないので同梱のアイアンハイドからを拝借。

警察つながりで機動隊風?

 

最後はアイアンハイドと共闘。

 

 

総評

ほんのわずかに気になる部分もありますが、マスターピースを除けば決定版と言える物ではないかと。

これまで色んなプロールを購入してきましたが今回の物が最も満足度が高いです。

 

これを超えるプロールはしばらくは出ないんじゃないかと思います。

(頭部の塗装の残念な部分はあとで自分でリタッチしてみます…)

 

 

コメント

  1. 湊アキ より:

    レビューお疲れ様です

    個人的にはリアウイングはスモークスクリーンの特徴だと思っているのでプロールとストリークには付けないで欲しかったですね…

    それ以外には不満点は見つからないので2月の国内版が届くのが今から楽しみです

    • oshinojinoshinojin より:

      コメントありがとうございます。
      どうも今回スモスク/プロール/ストリークでなるべく造形の差分を作らないようにした節がありますね。実際のところどうかはわかりませんが。
      細かい気になる点はあるものの、基本的な出来は良いので期待して良いですぞ!

タイトルとURLをコピーしました