【TF】ウォーフォーサイバトロン「WFC-14 サウンドウェーブ」レビュー




トランスフォーマー

トランスフォーマー『WAR FOR CYBERTRON』シリーズより、

ボイジャークラスの「サウンドウェーブ」のレビューです。

 

本体・武器

ロボットモード 前面

これぞサウンドウェーブ!な見事な箱ロボ体型。

シージ版のリデコですが大部分が新規造形になり、よりG1アニメのイメージに近づいた印象。

 

胸の黄色が目立ちすぎるのでできれば他の金色の部分と同じ色が良かったですが、

一方で汚し塗装が無くなったのは個人的にとてもありがたいです。

 

ロボットモード 背面

シージ版にあった背負い物がなくなり背面はスッキリした感じに。

 

頭部アップ

かなり理想に近いサウンドウェーブ顔。

目の色が赤になったのが嬉しいところ。

 

目はクリアパーツ製で集光ギミックあり。光り具合も良好。

 

カセットプレイヤーモード 前面

オルトモード(ロボットじゃない方)は念願のカセットプレイヤー

今回シリーズとしては「ウォーフォーサイバトロン」になってますが、

実質アースライズ版みたいなものですね。

 

シージ版の全く異なるビークルモードからのリデコのため少々いびつな部分もあるものの、

充分によくまとまっているしG1玩具版のオマージュが各所に感じられるのも素晴らしい。

 

カセットプレイヤーモード 背面

ロボット時の肩の武器は一旦外して背面に付けておくことができます。

ただG1玩具版では電池のように内部に収納することができたので、

この点に関してはG1版の方が優れてましたね。

 

ここでロボットモードでシージ版(左)と比較。

とは言ってもシージの方は汚し塗装を落としたり一部塗装したりと少し手を加えてあるので

純粋な比較にはなりませんが。ともかく似ているようでよく見るとけっこう造形が違います。

 

カセットプレイヤーに変形することで今回のWFC版の方が決定版的な雰囲気ですが、

顔の造形や体型などはシージの方が好みだったり。一長一短ありますね。

 

手持ち武器はブラスターキャノンの2種類が付属。

 

それぞれこのように変形でき、

 

カセットプレイヤー時にはこのように取り付けられることが説明書で示されています。

…が、この状態だと左側の武器が地面に当たって本体が浮いてしまったので、

2つの取り付け位置を逆にしてもいいかもしれません。

 

またロボット時の肩の武器と2つの手持ち武器を連結することもできます。

 

 

カセットロン

「レーザービーク」 ビーストモード

今回、オプションとしてシージでは別売りだったカセットロンが2体付属。

まずはレーザービーク(和名:コンドル)から。

シージ版から一部造形や彩色が変更されており、こちらもいわゆるアースモードになってます。

 

「レーザービーク」 カセットモード

カセットロンなのでカセットテープのような物に変形。

こちらもG1玩具版を意識したデザインに。

 

「ラヴィッジ」 ビーストモード

続いてもう1体のラヴィッジ(和名:ジャガー)。

レーザービークと同じくシージ版から一部デザインが変わってます。

 

「ラヴィッジ」 カセットモード

右上と中央下の部分に文字が入ってますが、これもがっつりG1玩具版のオマージュですね。

JAPAN」の文字が入ってるのが日本のファンとしてはちょっと嬉しい。

 

2体とも5mmジョイントのピンを起こせるようになっており、

サウンドウェーブの各部に取り付けられるようになってます。

 

そしてお待ちかねの収納ギミック。

サウンドウェーブの顔の横のボタンを押すことで胸部のカバーが展開。

(ちなみに左手の人差し指はボタンを押す時の形状になってます)

 

このようにカセットロンを収納することができます。

レーザービークだと見た目が派手になるなあ。

 

また両腕にはレーザービークの足の形に合った窪みが設けられており、レーザービークを固定できる

…はずなのですが、なぜかうまく固定できず(シージ版ではできた)バランスをとって乗せる感じに。

腕の造形はシージと同じのはずなので、個体差かもしれません。

 

 

アクションなど

サウンドウェーブ、トランスフォーム!

 

 

変形は直感的にわかりやすい箇所が多く、何度も繰り返したくなる魅力あり。

こう言ってはなんだけど、やはり謎ビークルよりわかりやすい形の物に変形する方が楽しいですね。

 

コンドル(あえて)、イジェークト!

1商品だけでカセットロン遊びができるのは本アイテムの大きなポイント。

しかもシージ版サウンドウェーブと価格は変わらないので今回のものはかなりお得!

 

ジャガー(あえて)もイジェークト!

猫科モチーフのはずだけどちょっと犬っぽくてかわいいなあ。

 

カセットモードでシールドのように取り付けてみたり。

でも2体ともかわいいので盾扱いするのはなんとなく忍びない。

 

サウンドウェーブの可動は拳回転は無いもののあとはおおむね近年のTF準拠。

ただ肩の横方向の可動に少しクリックが入っているかのような、やや固定しにくい角度があります。

 

連結武器はあまりカッコよくは持たせにくい感じ。

 

コンドルジャガーってあまり絡んでる印象無いけどきっと仲良し…だといいなあ。

ちなみにコンドルレーザービーク)は首と羽、ジャガーラヴィッジ)は首と脚部が可動します。

 

二人仲良く散歩に行ってらっしゃい!

 

最後は現時点で最も理想に近いデストロン幹部4人集合!感無量です。

 

 

総評

ここ数年で個人的に理想に近いデストロンメンバーが揃いつつあった中、

そのラストピースになっていたサウンドウェーブがついに発売!

 

あくまでリデコ品ということもあり、100%完璧な理想の姿にはわずかに及ばないものの、

遊びやすさやプレイバリューも含めて現時点で最も満足度の高いサウンドウェーブだと思います。

 

カセットロンが2体付属するお得感も併せて、かなりオススメのアイテムです。

 

 

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました